5月, 2015

長期投資は重要な考え方

投資において資産を減らす恐怖心というものは実は重要なものなのです。この恐怖心が欠けている人ほど投資の取引きにおいて失敗を繰り返すという話も聞かれます。たまに投資は無くなっても良いくらいの資金で気楽にやるのが一番だ、という話を聞きます。しかし私はこれは逆だと思います。無くなっても良いなどと考えていますと、油断して本当に無くなってしまうのが投資の恐ろしいところなのです。 投資で資産を失いたくないのであれば、長期投資を意識した資産運用を行なう必要があると思います。長期投資を意識しますと、自然にスイングという考え方を投資で出来るようになってきます。スイングの振り幅から安全である資金はどのくらいまでなのかを理解するだけでも、投資に対するリスクはかなり軽減されますので勉強してください。 しかし長期投資というものを理解していたとしても、相場の変化によっては胃を痛めることや欲望を制御できなくなるということも少なくないと思います。投資は機械的に行なうのが一番安全と言われていますが、それが最も難しいのです。投資で自分の感情で負けてしまうと考えている人は、投資信託で業者に運用してもらうのが一番気楽な方法かもしれませんね。

Posted in: 投資全般 | No Comments »