12月, 2014

より効果的にNISAを扱うには

様々なメディアで広告が打たれた関係で、名前だけはよく知られるようになったのがNISAではないでしょうか。テレビCMでは特に野村證券などが進んで広報していました。NISAというのは少額投資非課税制度のことであり、毎年100万円、合計で500万円までの投資を免税することが出来る、という投資初心者にとっても、すでに投資を行なっている人にとっても嬉しい制度です。 しかし、このNISAは期間が決まっており、2023年には終了します。そして、その2023年には投資税が増税されることが決まっているので、せっかく投資を始めるのであればこの期間中に始めるのが良いでしょう。 では、実際のところこのNISAを効果的に使うことが出来る投資というのはどんなものになるでしょうか?制度の仕組みから言って、この制度は短期投資向けではありません。というのも、値上がり売却益についても免税対象ではあるものの、利用した免税枠は売却をしたとしても戻ってこないためです。配当金も免税対象となるため、より効果的にNISAを扱うためには、長期間に渡って効果を出すとこが出来る長期投資を行なった方が効果的ということになります。最大で5年間までですが、より効果が高くなるでしょう。

Posted in: 投資全般 | No Comments »

リスクを軽減するための分散投資

これからはじめて投資をするという方はインターネットや本、雑誌などで投資の知識を学んでいる事と思います。その中で分散投資、という言葉がよく使われていると思いますが、分散投資はどのようなものなのでしょうか? 分散投資は複数の金融商品や銘柄などに対して投資を行う方法を言います。その対極にあるのが集中投資です。集中投資はひとつの金融商品や銘柄に対して投資する方法の事を言いますが、集中投資は大きなリターンが期待できますが、その分、資産価値を一気に目減りさせたり、最悪の場合ゼロにしてしまう危険性がある投資方法です。 たとえば株式投資をするとして、ひとつの企業の株式に対して投資を行ったとします。その会社の株価が順調に上がり続ければ、その分、リターンとして利益を得る事ができますが、もしもその会社の株価が下落してしまった場合は投資した資産価値が目減りする事になります。もしも業績が悪化してしまい、倒産する事になってしまった場合には株価はゼロとなってしまい、資産がゼロになってしまうのです。 分散投資は集中投資のリスクを軽減する方法で複数の銘柄に投資することでひとつの企業の株価が下がっても、他の株価がキープされていれば資産価値を下げる危険性が軽減されます。 リスクをコントロールする手法はこちらでご確認を!ポートフォリオの配分について知っておきましょう。

Posted in: 投資全般 | No Comments »