長期投資は重要な考え方

投資において資産を減らす恐怖心というものは実は重要なものなのです。この恐怖心が欠けている人ほど投資の取引きにおいて失敗を繰り返すという話も聞かれます。たまに投資は無くなっても良いくらいの資金で気楽にやるのが一番だ、という話を聞きます。しかし私はこれは逆だと思います。無くなっても良いなどと考えていますと、油断して本当に無くなってしまうのが投資の恐ろしいところなのです。 投資で資産を失いたくないのであれば、長期投資を意識した資産運用を行なう必要があると思います。長期投資を意識しますと、自然にスイングという考え方を投資で出来るようになってきます。スイングの振り幅から安全である資金はどのくらいまでなのかを理解するだけでも、投資に対するリスクはかなり軽減されますので勉強してください。 しかし長期投資というものを理解していたとしても、相場の変化によっては胃を痛めることや欲望を制御できなくなるということも少なくないと思います。投資は機械的に行なうのが一番安全と言われていますが、それが最も難しいのです。投資で自分の感情で負けてしまうと考えている人は、投資信託で業者に運用してもらうのが一番気楽な方法かもしれませんね。

Posted in 投資全般 | No Comments

NISAは初心者に優しい口座

これから投資を始めてみようと思っている人に忠告があるのですが、投資に深追いは禁物です。いまの自分は調子が良いから、と思い込み無茶な取引きを行なってしまうという人は後をたたないのです。投資というものは、稼ぎ過ぎている時ほど相場が見えなくなってきますので、初心者の人ほど一歩引いた目線で取り引きのルールを決めておくことが重要になってきます。 そんなルールの線引きとして有効だと思われるのがNISAという口座です。NISAとは、免税のために作られている取引き口座なのですが、この免税の適応金額は取引きのブレーキになってくれる期待があると投資評論家からも期待がされています。NISAでの免税金額範囲なのですが、年間100万円まで、と定められています。NISAで取引きを行なっていますとこの金額を超えないような取引きを自然に行なえるようになりますから、初心者の人は、自然に取引きルールが身につくかと思いますね。 投資のやり方を覚えますと、100万円の免税範囲は低いように思えてくるかもしれません。しかしそれは稼げるようになってからの話ですね。投資の技術が身につくまではNISA口座での取引きで練習するといいでしょう。

Posted in 投資全般 | No Comments

積立を含む長期投資の特徴

投資には色々な方法があります。新しく投資を始めようという人達はやはり短期投資というものをイメージしているのではないでしょうか。短い期間で大きな利益を得ることが出来る短期投資というのは、一種の夢のようなものだと感じる人も多いかと思います。確かに短期投資はそういった効果を出すことは可能ではあるのですが、その反面で大きな損益を抱えるリスクがあるということについても知っておく必要があります。より堅実に、時間を掛けてもいいので資金を形成して行きたいというのであれば、積立投資というのは良い方法ということが出来るでしょう。積立投資というのは毎月決まった金額の投資を続けるという長期投資の方法です。こちらの投資方法は短期投資とは投資の手段からして違いがあります。短期投資というのは『安い時に購入して高い時に売却する』ことによって利益をえる転売型の投資ということができます。そのため、レートが自分の思っていた方に変動してくれなければ利益を上げることはできません。対して積立投資を含む長期投資というのは、『株式を所有していることによって配当で利益を得る』方法です。そのため、レートが横ばいであっても投資効果を得ることが出来るわけです。

Posted in 投資全般 | No Comments

投資先の利益率低下への対策を見る

長期投資を行う場合、投資先の企業の動向というものをしっかりと監視して売買について見計らうことが重要なポイントとなります。そこでここでは、もし長期投資の先としている株式会社の利益率が下がってきているなどの状況になった時、売買についてどう考えるべきなのか、ということについて紹介していきたいと思います。 利益率が下がるという状況には、必ずその原因が存在しています。まずはこの何故利益率が下がっているのか、ということを把握しなければなりません。そうすることで、その企業の課題というものが見えてくるでしょう。 株式会社が発行している四季報には、こういった利益低下の原因の推察と、それに対する対策の概要というものが記載されています。今後どのようにして利益低下を回復していくのか、企業の方針というものが書かれているということです。 また、四季報とは別に株主総会などに出席してその意見を聞くことも長期投資においては有用な方法となります。四季報で見ることが出来る対策というのはあくまでも概略なので、詳しい部分については分からない事が多いためです。その会社の運営について疑問や反対意見がある場合は株主総会で質問したり意見をするのも一つの方法です。 長期投資をお考えの方は以下もご参考にどうぞ。「長期投資は投資スタンスを明確にしよう」

Posted in 投資全般 | No Comments

より効果的にNISAを扱うには

様々なメディアで広告が打たれた関係で、名前だけはよく知られるようになったのがNISAではないでしょうか。テレビCMでは特に野村證券などが進んで広報していました。NISAというのは少額投資非課税制度のことであり、毎年100万円、合計で500万円までの投資を免税することが出来る、という投資初心者にとっても、すでに投資を行なっている人にとっても嬉しい制度です。 しかし、このNISAは期間が決まっており、2023年には終了します。そして、その2023年には投資税が増税されることが決まっているので、せっかく投資を始めるのであればこの期間中に始めるのが良いでしょう。 では、実際のところこのNISAを効果的に使うことが出来る投資というのはどんなものになるでしょうか?制度の仕組みから言って、この制度は短期投資向けではありません。というのも、値上がり売却益についても免税対象ではあるものの、利用した免税枠は売却をしたとしても戻ってこないためです。配当金も免税対象となるため、より効果的にNISAを扱うためには、長期間に渡って効果を出すとこが出来る長期投資を行なった方が効果的ということになります。最大で5年間までですが、より効果が高くなるでしょう。

Posted in 投資全般 | No Comments

リスクを軽減するための分散投資

これからはじめて投資をするという方はインターネットや本、雑誌などで投資の知識を学んでいる事と思います。その中で分散投資、という言葉がよく使われていると思いますが、分散投資はどのようなものなのでしょうか? 分散投資は複数の金融商品や銘柄などに対して投資を行う方法を言います。その対極にあるのが集中投資です。集中投資はひとつの金融商品や銘柄に対して投資する方法の事を言いますが、集中投資は大きなリターンが期待できますが、その分、資産価値を一気に目減りさせたり、最悪の場合ゼロにしてしまう危険性がある投資方法です。 たとえば株式投資をするとして、ひとつの企業の株式に対して投資を行ったとします。その会社の株価が順調に上がり続ければ、その分、リターンとして利益を得る事ができますが、もしもその会社の株価が下落してしまった場合は投資した資産価値が目減りする事になります。もしも業績が悪化してしまい、倒産する事になってしまった場合には株価はゼロとなってしまい、資産がゼロになってしまうのです。 分散投資は集中投資のリスクを軽減する方法で複数の銘柄に投資することでひとつの企業の株価が下がっても、他の株価がキープされていれば資産価値を下げる危険性が軽減されます。 リスクをコントロールする手法はこちらでご確認を!ポートフォリオの配分について知っておきましょう。

Posted in 投資全般 | No Comments

金利で選ぶ資産運用方法

資産運用なのですが、単に銀行預金で給料を貯金するだけでは最大限にお金の価値を生かせていません。資産運用の考え方として、資産を作り出すためには資産を種にしなくてはなりません。確かに銀行預金はリスクはありません。その代わり絶対に資産は増える事はありませんので、資産運用の方法としてはタンス預金とあまり変わりないでしょう。 資産運用方法として、最も効果的とされるのは投資関係に手を出すことです。しかし投資は経験と計算がしっかりと出来る人が行ないませんと、安定した収入になるということはありません。ですので、投資経験がゼロという人でも運用できる利子収入を得られる投資を選ぶと確実です。 利子収入を望むのであれば、日本の銀行に預金を預けてはいけません。日本の銀行の年利は、普通口座で0.025%と非常に僅かなものとなります。利子収入を求めたいのであれば、外貨預金や為替取引で外貨を購入することをお勧めします。 また海外投資というものも、高い配当金が得られる方法として知られています。海外業者に資金を提供するだけで資産を業者が勝手に運用してくれます。海外投資は、苦労をせずに高い配当金が手に入る投資方法なのでお勧めです。

Posted in 投資全般 | No Comments

リスク軽減の方法を知る

投資信託を用いて投資を行う際、個人で行うよりは低くなるものの、それでも多くのリスクというものが伴うことになります。そこでここでは、投資信託を用いた投資におけるリスクの軽減の方法について考えていきたいと思います。リスクの軽減にはいくつかの方法があります。 まず一つに、投資先の分散を行うということです。一つの投資先に資産を集めないというだけではなく、できればそれぞれの投資先について業界や国などにもバリエーションを持たせるようにした方がよいでしょう。出来るだけ手広い先へと投資を行うことによって、リスクをより小さくすることができるためです。 他にも、長期間保有をするというのも一つの方法となります。基本的に相場というのは短期間を抜き出してみると大きく変動するものの、長期間でみるとそれほど大きく変動せず、ゆるやかな変化を続けている、というグラフになることが多いのです。 そのため、相場が下がった時にあわてて売ってしまうのではなく、じっくりと保有しておくことによってグラフの観点を変えることが出来、リスクを大枠でみたリターンへと変化させることを期待できるようになるわけです。投資というのは様々な観点からリスクを見て、検討することが重要です。

Posted in 投資全般 | No Comments

個人投資家を増やすための制度

最近ことさら話題になっている日本版ISA、NISAですが、実際に個人投資を行っている人でなければ、なかなかこの重要性というものはピンとこないのではないでしょうか。日本版ISAであるNISAの基本的なシステムとしては、投資元本が100万円以下の証券投資信託及び上場株式投資が免税となる、というものなのですが、これでもまだ、「それってどれぐらい良いことなの?」と思う人が多いかと思います。 個人投資というのは基本的にそれほど大きな金額における投資を行うものではありません。自分の経済状況と見比べながら投資を行っていくことになりますから、青天井の投資というのは行なわれない傾向にあります。そのため、多くの投資家がこのNISAの対象となることになります。 そして、小額の投資ということは得られる利益も小額であるということです。つまり、税金の占める割合が多く、利益を得にくいということでもあります。これを免除してもらえれば、投資単価の低い個人投資家であっても、十分その利益を享受することができるようになるわけです。 こうすることによって、初心者の個人投資家がすぐに辞めてしまわず、ある程度ノウハウを把握するまで続けてもらうことができるようになることで、投資人口が増えることが期待されています。 NISAに関するおすすめ記事は以下をClik!まだまだあった!NISAの重要ポイント

Posted in 投資全般 | No Comments