分散投資で不動産投資を活用するには

長期投資の基本となるのが「分散投資」です。1つの先に投資を集中すると、その投資先に問題が発生した時に大きなダメージを被ることになってしまうためです。できれば株式、不動産、国債など投資対象の種類も変えて分散するのが良いでしょう。ただ、この内不動産投資というのは中々分散投資に向いていません。単価が高いために購入できる不動産がない場合が多いためです。そんな時に利用することができる方法として「REIT」というものがあります。

REITというのはReal Estate Investment Trustの略称です。つまり不動産投資信託のことを指しているものと考えて頂ければ良いでしょう。一人で不動産投資を行うのではなく、複数の投資家のお金を使って投資を行うことになるため、資本金が安くとも投資効果を得ることができるのです。

REITについてはリスクをヘッジしながらリターンを求めるヘッジファンドで長期投資をするということ。|損をしないための資産形成にも詳しく紹介されています。こちらのサイトを見ると、REITが持っている魅力について知ることが出来ます。このサイトの中では、リスクの分散に利用できることとあわせて、換金性が高いためにいざとなった時に大きな資金を得ることができる点もポイントとして挙げています。

Posted in 長期投資


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>