金利で選ぶ資産運用方法

資産運用なのですが、単に銀行預金で給料を貯金するだけでは最大限にお金の価値を生かせていません。資産運用の考え方として、資産を作り出すためには資産を種にしなくてはなりません。確かに銀行預金はリスクはありません。その代わり絶対に資産は増える事はありませんので、資産運用の方法としてはタンス預金とあまり変わりないでしょう。 資産運用方法として、最も効果的とされるのは投資関係に手を出すことです。しかし投資は経験と計算がしっかりと出来る人が行ないませんと、安定した収入になるということはありません。ですので、投資経験がゼロという人でも運用できる利子収入を得られる投資を選ぶと確実です。 利子収入を望むのであれば、日本の銀行に預金を預けてはいけません。日本の銀行の年利は、普通口座で0.025%と非常に僅かなものとなります。利子収入を求めたいのであれば、外貨預金や為替取引で外貨を購入することをお勧めします。 また海外投資というものも、高い配当金が得られる方法として知られています。海外業者に資金を提供するだけで資産を業者が勝手に運用してくれます。海外投資は、苦労をせずに高い配当金が手に入る投資方法なのでお勧めです。

Posted in 投資全般 | No Comments

リスク軽減の方法を知る

投資信託を用いて投資を行う際、個人で行うよりは低くなるものの、それでも多くのリスクというものが伴うことになります。そこでここでは、投資信託を用いた投資におけるリスクの軽減の方法について考えていきたいと思います。リスクの軽減にはいくつかの方法があります。 まず一つに、投資先の分散を行うということです。一つの投資先に資産を集めないというだけではなく、できればそれぞれの投資先について業界や国などにもバリエーションを持たせるようにした方がよいでしょう。出来るだけ手広い先へと投資を行うことによって、リスクをより小さくすることができるためです。 他にも、長期間保有をするというのも一つの方法となります。基本的に相場というのは短期間を抜き出してみると大きく変動するものの、長期間でみるとそれほど大きく変動せず、ゆるやかな変化を続けている、というグラフになることが多いのです。 そのため、相場が下がった時にあわてて売ってしまうのではなく、じっくりと保有しておくことによってグラフの観点を変えることが出来、リスクを大枠でみたリターンへと変化させることを期待できるようになるわけです。投資というのは様々な観点からリスクを見て、検討することが重要です。

Posted in 投資全般 | No Comments

個人投資家を増やすための制度

最近ことさら話題になっている日本版ISA、NISAですが、実際に個人投資を行っている人でなければ、なかなかこの重要性というものはピンとこないのではないでしょうか。日本版ISAであるNISAの基本的なシステムとしては、投資元本が100万円以下の証券投資信託及び上場株式投資が免税となる、というものなのですが、これでもまだ、「それってどれぐらい良いことなの?」と思う人が多いかと思います。 個人投資というのは基本的にそれほど大きな金額における投資を行うものではありません。自分の経済状況と見比べながら投資を行っていくことになりますから、青天井の投資というのは行なわれない傾向にあります。そのため、多くの投資家がこのNISAの対象となることになります。 そして、小額の投資ということは得られる利益も小額であるということです。つまり、税金の占める割合が多く、利益を得にくいということでもあります。これを免除してもらえれば、投資単価の低い個人投資家であっても、十分その利益を享受することができるようになるわけです。 こうすることによって、初心者の個人投資家がすぐに辞めてしまわず、ある程度ノウハウを把握するまで続けてもらうことができるようになることで、投資人口が増えることが期待されています。 NISAに関するおすすめ記事は以下をClik!まだまだあった!NISAの重要ポイント

Posted in 投資全般 | No Comments